お得な電子書籍ランキングはこちら

スポーツバーでDAZNを放映できる?契約方法や料金、個人プランとの違いを解説

当ページはPRを含みます

スポーツバーに必須のスポーツ中継映像。パッと思いつくのはDAZNですが

  • スポーツバー向けのプランはある?
  • 個人プランで契約した映像をながすのはNG?
  • 料金や導入方法は公開されている?

など、気になるポイントは多くあります。DAZN以外のスポーツ中継サービスとも比較したいところです。

結論から申しあげると、スポーツバーでDAZNの映像をながすためには『DAZN for BUSINESS』の契約が必要です。

DAZN for BUSINESSとは、DAZNが法人向けにリリースしているプランです。飲食店やバー、宿泊施設など、さまざまな施設に導入されています。

本記事では、スポーツバーがDAZNに加入するメリットやデメリット、さらにDAZN for BUSINESSの契約方法や注意点まで、まとめて解説しています。個人プランとの違いも紹介しているので、ぜひさいごまでご覧ください。

DAZN for BUSINESS【公式】で詳細をみる 

タップできる目次

DAZNの映像をスポーツバーで流してもOK?

DAZNは、個人だけでなくビジネスプランも用意されています。スポーツバーなどの店舗で映像をながしたい場合は『DAZN for BUSINESS』に加入しなくてはいけません。個人プランでのビジネス利用は規約違反かつ違法です。

著作権法38条3項(営利を目的としない上演等)

放送され、又は有線放送される著作物(放送される著作物が自動公衆送信される場合の当該著作物を含む。)は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金を受けない場合には、受信装置を用いて公に伝達することができる。通常の家庭用受信装置を用いてする場合も、同様とする。

スポーツ中継も著作物として扱われます。個人契約している店舗もあるかもしれませんが、バレたときの代償が大きすぎるため推奨できません。

スポーツバーがDAZNに加入する5つのメリット

スポーツバーとして集客するなら、当然スポーツ映像が必須です。以下の表では、大手のスポーツ中継サービスと法人契約の有無をまとめました。

サービス名法人プラン
DAZNあり
SPOTV NOWなし
スカパーあり
WOWOWあり
大手スポーツ中継サービスと法人プランの有無

法人プランがあるサービスのなかで、さまざまなスポーツに対応できるのはDAZNしかありません。スカパーやWOWOWは、チャンネルごとに番組が固定されています。

ここでは、スポーツバーでDAZNを契約するメリットを解説します。

新規やリピーターを集客できる

スポーツバーには、つねに一定以上の需要があります。以下の画像は「Googleで1月あたりに検索される数値の予測」です。

スポーツバーの検索ボリューム

都心部では、多くの方がスポーツバーを探しています。Googleで検索する方は新規とみて間違いありません。

また、スポーツ中継を見られるという優位性から、リピーターの獲得にもつながります。通常のバーと差別化できるため、競合店舗がすくなくなるのもメリットです。

売上増加につながる可能性がある

スポーツ中継は1時間以上が基本です。サッカーならおよそ2時間、野球ならおよそ3時間が目安となります。フルで視聴すると仮定した場合、滞在時間がながくなり注文の増加にも期待できます。

1人1杯から2杯になるだけでも、売上におおきな影響を与えるでしょう。

店舗のブランディングにつながる

「スポーツ中継を見られるバー」というだけで、無数にあるバーとの競合を回避できます。独自性にもつながるため、差別化という観点ではメリットです。

DAZNは、スポーツの種類ならどのサービスにも劣りません。さまざまな客層に対応できるため「〇〇の中継を見るならあの店」といった印象づけにも役立ちます。

スポーツ好きの方と仲良くなれる

スポーツバーのメインとなる客層はスポーツ好きの方です。自身もスポーツが好きなら、会話がはずむことは間違いありません。

特にバーは、お客様とのコミュニケーションが求められます。実際に、筆者はマスターの印象だけでリピートしたことがあります。自身にとっての楽しみができるだけでなく、共通の話題をつくりやすい点もつよみです。

市場を独占しやすい

すでに紹介したとおり、スポーツバーには需要があります。都心では多くのスポーツバーが営業していますが、すこし田舎にいけばスポーツ好きの客層を独占することも不可能ではありません。

また、DAZNの放送を固定化する戦略もあります。たとえば、プロ野球の1チームにしぼったり、海外の日本人選手にしぼるのも差別化のひとつです。地域クラブにしぼってもよいでしょう。DAZNなら

  • チームでしぼる
  • F1や格闘技などのスポーツでしぼる

など、多様なアイデアに対応できます。オリンピックやワールドカップといったビッグイベントでは、売上を独占できますよ。

スポーツバーがDAZNに加入する3つのデメリット

スポーツバーがDAZNに加入するのは、メリットだけではありません。前提として契約料がかかるため、回収できなければ赤字になります。

以下に、具体的なデメリットを解説するのでご覧ください。

利用料金が非公開

DAZN for BUSINESSの料金は公開されていません。料金を知るためには、個別に問いあわせる必要があります。

個人プランの5倍との口コミもありましたが、真偽は分かりません。

オフシーズンの集客が不安定

スポーツでの集客がメインの場合、オフシーズンはお客様が減ることも考えられます。特に、放映内容をしぼっている店舗には大打撃です。少なくとも、新規の集客は不安定になるでしょう。

べつのスポーツや海外リーグでつなげるものの、来店数に影響する可能性もあります。

利用料で赤字になる可能性がある

DAZNの利用料は先行投資です。集客できなければ、利用料がそのまま負担になる可能性も否めません。

個人プランでも毎月3,700円。法人プランは数倍の金額になると予想されます。毎月2万円〜3万円ですが、個人経営となれば数万円でも痛手です。

DAZN for BUSINESSを契約する手順

DAZN for BUSINESSの契約手順

くり返しになりますが、DAZN for BUSINESSへ加入する際は問いあわせ必須です。オペレーターとのやり取りで契約がすすみます。

以下に手順を解説するので、流れにそって問いあわせてください。

STEP
DAZN for BUSINESSのページにアクセス

当ブログから、DAZN for BUSINESSのページに移動します。

STEP
専用フォームから問いあわせる

画面をスクロールすると、最下部にお問いあわせフォームがあります。

  • 会社名→店名
  • 業態
  • 名前
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 備考(必要に応じて)

上記6点を入力して送信してください。

この時点では契約が完了していません。オペレーターからの返信を待ちましょう。

STEP
オペレーターとやりとりする

数日〜1週間ほどでオペレーターからの返信がとどきます。質問や悩みがある場合は、やり取りのなかで解決してください。

STEP
契約書類を提出する

オペレーターとのやり取りで加入を決めた方は、契約書類を記入して提出します。訪問または郵送とありますが、基本的には郵送で問題ありません。

STEP
メールにDAZN for BUSINESSのアカウント詳細が送られる

提出した書類が受理されると、指定のメールアドレスにアカウントのログイン情報がとどきます。

DAZN for BUSINESSでは、1契約で10端末(10モニター)まで利用可能です。モニターを設定して、正常に映像がながれるかチェックしてください。

DAZN for BUSINESSのモニター接続方法

DAZNのモニター接続方法

DAZNのモニター接続方法は、大きく分けて3つです。

  • Fire TV Stick
  • スマートテレビ
  • Webブラウザ

すでにモニターがある場合は、Fire TV Stickがおすすめです。Fire TV Stickは、接続するだけでテレビがインターネット対応になります。HDMI端子があれば設置でき、スペースも取りません。

筆者は、個人プランでFire TV Stickとブラウザ接続を試しましたが、Fire TV Stickに変えてから一度しか止まったことがありません。

ブラウザ接続では、HDMIケーブルでPCとテレビをつないでいました。

1台5,000円ほどで購入できるため、スマートテレビがない方はぜひ検討してみてください。

Fire TV Stickの商品画像
  • スポーツ中継や映画の迫力がアップ
  • 大人数での視聴に適している
  • スマホよりも小さいサイズ
4K対応TVの方は上位版の4K Maxがおすすめ!

DAZN for BUSINESSのよくある質問

DAZN for BUSINESSで気になる点を、Q&A形式でまとめました。記事の内容とあわせて参考にしてください。

個人プランでの契約はバレる?

個人プランでの契約は、必ずしもバレるとはかぎりません。しかし、Googleマップや検索結果に表示されれば、口コミや公式のチェックでバレる可能性はあります。

個人プランのビジネス利用は、規約違反である以前に違法です。訴えられれば勝ち目はないので、ビジネスプランに加入しましょう。

飲食店にも導入できる?

DAZN for BUSINESSは、飲食店にも導入できます。公式サイトの導入事例には

  • 飲食店
  • インターネットカフェ
  • 宿泊施設
  • ショッピングモール
  • スポーツジム
  • 医療・介護施設

といった店舗があげられています。基本的には、導入できない施設はないと考えて問題ありません。

スポーツバーならDAZNの加入は必須!

本記事では、スポーツバーがDAZNに加入するメリットやデメリット、具体的な契約方法までくわしく解説しました。

スポーツ中継を上映できる大手サービスで、ビジネスプランを採用しているのは

  • DAZN
  • スカパー
  • WOWOW

の3つです。スポーツの種類や見逃し放送といった自由度のたかさは、DAZNだけの魅力といえます。さらに、地方での集客に貢献するJリーグはDAZN独占放送です。

ファンが多いサッカーや野球、格闘技はすべて網羅しているので、スポーツバーの開業を検討している方はぜひDAZNを活用してみてください。

DAZN for BUSINESSの問いあわせはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

年間50タイトル以上の作品を視聴・購読しているマンガオタク。THE青春の少年マンガが好みです!
広告掲載のご依頼は「お問い合わせ」からご連絡ください。

質問/コメント

コメントする

CAPTCHA

タップできる目次